性同一性障害/GID・MTF・FTM の総合診療・診断・ホルモン療法・手術
ナグモクリニックGIDセンター[名古屋・東京・大阪・福岡・札幌]


ナグモクリニックGIDセンター

♦性別適合手術【FTM】(名古屋GIDセンター・東京院)

・施術内容

img

● 子宮卵巣摘出術
● 膣閉鎖術
● 尿道延長術
● 陰嚢形成術(睾丸形成術含む)
● 陰茎形成術
● 亀頭形成術
● 他院術後修正など

・手術詳細



@子宮卵巣摘出術
当院では腹式単純,腟式の術式があります。FTMの殆どが未産婦でかつ性交渉の経験を持たないので腟管は狭小化しており,一般的に膣式の適応には困難があります。そのため腹式単純が選択されることが多いです。 腹式単純の場合、創部を目立たなくするために横切開が選択されることが多いですが、肥満傾向の強い方の場合は、縦切開のほうが安全確実です。また、腹部の横切開創は婦人科独特の創なため、横の傷を婦人科手術の象徴と捕らえ、縦の傷を選ぶ方もいます。

A膣閉鎖術
膣粘膜を切除し腟を縫合閉鎖します。

B尿道延長術
陰核の位置まで外尿道孔を位置変更する手術です。ミニペニス形成ともいわれ、陰茎形成手術の準備手術としての意味もあります。陰核の海綿体脚部と靱帯を切断し長さが得られる陰核形成術が同時に行われることもあります。恥骨結合より背側に位置する女性外尿道孔を腹側のほぼ恥骨上に延長することで、立位での排尿が可能になります。


C陰嚢形成術
大陰唇部に、脂肪弁による陰嚢様の膨隆形成術を行います。やせ型の人には人工睾丸(シリコンプロテーゼ)を挿入します。

D陰茎形成術
様々な部位が陰茎形成の組織採取部位になりますが、遊離前腕皮弁が第1選択とされています。他に腹部皮弁、腓骨皮弁など、組織採取部位が目立たない部位を使うこともあります。性交可能な硬さを得るために、橈骨(とうこつ)の一部を使用するか、骨移植、シリコン棒挿入などが行われます。

E亀頭形成術
陰茎形成術が十分に落ち着いた後に分層植皮術を用いて行います。
※使用する麻酔は全身麻酔、硬膜外麻酔、局所麻酔になります。
※ホルモン注射は手術の数週間前から中止します。

・合併症



@薬剤副作用・アレルギー
A異常出血・血腫形成
B創感染・創離開
C延長尿道の瘻孔や閉塞
D皮膚組織や採取した組織の壊死
Eインプラントの露出
F深部静脈血栓症 など

・術後経過

@退院後も自宅にて自己消毒を行っていただきます。
A基本的には退院後、1週間ごとに通院していただきます。
B運動制限は通常4週間程度必要です。
C下記の術後修正手術が必要となる場合があります(瘢痕形成術、瘻孔閉鎖術)。
D性交渉は術後2ヶ月後より可能となります。
E術部の知覚以上が6ヶ月程度続きます。

ホーム|診療内容(ホルモン療法顔面プチ整形豊胸手術乳房切除術MTF性別適合手術FTM性別適合手術料金のご案内性同一性障害の歴史Q&Aリンク
© 2009 Nagumo Clinic All rights reserved.

MTF性別適合手術(皮膚反転法/皮膚移植法/大腸法/他院修正手術)・FTM性別適合手術(子宮・卵巣摘出/尿道延長術・陰核形成/睾丸形成)
ナグモクリニックGIDセンター(名古屋・東京・大阪・福岡)は、性同一性障害の診療を総合的に行っています。